映画

映画鑑賞・「万引き家族」

「万引き家族」が カンヌ映画祭最高賞受賞               2018.06.24掲載

img005

2018.06.24撮影
-
story 高級マンションの谷間にポツント取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目的では、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活品は、万引きで賄っていた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲良く暮らしていた。冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていくー
-         
「万引き家族」が カンヌ映画祭最高賞受賞                2018.06.24掲載

img004

2018.06.24撮影
スパム対策でコメントを閉鎖しております。

映画・家族はつらいよ-3

映画鑑賞・家族はつらいよ-3、妻よ薔薇のように           2018.06.06掲載

DSC_06221

2018.06.06撮影
-
山田洋次監督作、フアン待望の喜劇映画「家族はつらいよ」シリーズだい3作、「妻よ薔薇のように」5月25日全国公開を観にUSシネマちはら台へ出かけた。第1作は「熟年離婚」、第2作は「無縁社会」をテーマに日本中の家族をもつ多くの人々が共感した大ヒット作、第3作のテーマは「主婦への讃歌」気遣いなさ過ぎる夫の言葉に、溜まり溜まった不満が爆発!ついに家を出てしまった妻と、家事すべてを担う主婦がいなくなる、という緊急事態に直面した家族の大騒動を喜劇として笑い楽しめた映画でした。
-         
映画鑑賞・家族はつらいよ-3、妻よ薔薇のように           2018.06.06掲載

DSC_06241

2018.06.06撮影
スパム対策でコメントを閉鎖しております。

映画鑑賞・「北の桜守」

激動の時代を懸命に生き抜いた親子の物語            2018.03.15掲載

img20180318001

2018.03.17撮影

-
1945年、太平洋戦争終戦の目前に当時のソ連が日本に宣戦布告。日本の領土だった南樺太に侵攻した。江連てつ(吉永小百合)は、製材所を営む夫(阿部寛)の出征を見送り、二人の息子を連れて北海道へ命からがら疎開する。厳寒と極貧のなか「満月の夜、桜の下で会おう」という夫と約束を胸に生き延びる。時は流れアメリカに渡って成功した次男の修二郎(堺雅人)が妻(篠原涼子)うぃ連れて15年ぶりに帰ってくる。老いたてつの様子がおかしいことを心配した修二郎は共に旅に出る。

- 
息子修二郎役の堺雅人さんと息のあった芝居            2018.03.17掲載

img20180318003

2018.03.17撮影
スパム対策でコメントを閉鎖しております。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ