バイデン大統領に就任「米国結束に全霊」         2021.01.22掲載

img20210122_10320388

2021.01.22朝日新聞

-
ジョー・バイデン元米副大統領(78)が20日、ワシントンの就任式で宣誓し、第46代大統領に就任した。就任演説では「米国人と我々の国を結束させることに、私は全身全霊を捧げる」と訴え、「米国は同盟関係を修復し、世界に再び関与する」と宣言した。バイデン氏は同日夕、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰や、世界保健機関(WHO)からの脱却中止を決定し、トランプ前大統領の「米国第一」路線から脱却を打ち出した。
-
「脱トランプ」前面・日米関係 同盟重視        2021.01.22掲載

img20210122_10333686

2021.01.22朝日新聞撮影
スパム対策でコメントを閉鎖しております。