箱根駅伝 青山大圧巻 大会新V                 2020.01.04掲載

img20200105_19054639

2020.01.04撮影
-
箱根駅伝、第96回大会は、復路の5区間109.6キロがあり青山学院大が10時間45分23秒の大会新記録で2年ぶり5度目の総合優勝を果たした。4年生の意地だった。最初で最後の箱根路。復路の号砲とともに青学大の6区谷野が生きよいよく山を駆け下りた。「やっとつつかんだ夢舞台なので力を出し切りたかった」区間3位の力走に、同じ境遇の7区中村も続いた。往路で作った流れは確かなものに。最後まで一度も先頭を譲ることなく、たすきをつないだ。昨年、チームは大会5連覇を逃がし、主力級の選手がこぞって卒業した。

-
青山大 往路新記録V         2020.01.04掲載          

img20200105_19063079

2020.01.013撮影
スパム対策でコメントを閉鎖しております。