高木菜那 小さな体 大勝負制した               2018.02.25掲載

img20180225001

2018.02.25撮影
-
平昌冬季五輪第16日は24日、新種目のスピードスケートのマスターッドスタートがあり、女子で高木菜那(25)が金メダルを獲得した。高木菜那は団体追い抜きに続く金メダル。日本勢で1大会二つの金メダルは1998年長野五輪ノルデックススキー・ジャンプの舟木和喜以来2人目。カーリング女子の3位決定戦があり、日本代表のLS北見が英国に5-3で勝利。男女通じて初のメダルを獲得した。
- 
第10E 呼び込んだ摘失 カーリング女子 銅            2018.02.25掲載

img20180225-002

2018.02.25撮影
スパム対策でコメントを閉鎖しております。