スピードスケート女子団体 オランダを突き放す              2018.02.22掲載

img20150222001

2018.02.22撮影
-
平昌冬季五輪第13日の21日、スピードスケートの女子団体追い抜きがあり、日本が決勝でオランダを下し金メダルを獲得した。日本は2分53秒89で五輪新記録。日本勢の今大会のメダル獲得数は計11個で、最多だった1998年長野五輪を上回った。高木美帆(23)は1500メートルの銀、1000メートルの銅にに続くメダル獲得。
- 
高め合い最速姉妹「負けず嫌い」「過程が大事」        2018.02.22掲載

img20180222002

2018.02.22撮影
スパム対策でコメントを閉鎖しております。