庭草の「ヒマラヤユキノシタ」が開花しました。              2017.03.27掲載

DSC_0078

2017,03.27撮影
-
数年前、前立腺肥大症と診断された。その後長生病院泌尿器科でPSA(前立腺特異抗原)検査を受け、正常値で前立腺がんの心配は無いと診断され、治療薬、ユリーフ錠4mg1日2錠とアポルカクセル0.5mg1日1錠を3ヶ月分を投薬され経過観察となった。本日定期検診で経過良好と診断され、ユリーフ錠4mg1日2錠とアポルカクセル0.5mg1日1錠を3ヶ月分を投薬された。次回定期検査は6月19日に決まった。9日から鼻水、くしゃみ、咳などの症状が長く続き主治医の検診の結果、花粉アレルギーで鼻炎と診断され薬を調合された。風邪の症状が長引いてるので内科受診した。血液検査、胸のCT検査など受けたが異常なしで風邪薬、ムコダイン錠500mg、ムコソルパン錠15mg10日分投薬された。
-
庭草の「ヒマラヤユキノニシタ」が開花しました。              2017.03.27掲載

DSC_0085

2017.03.27撮影
スパム対策でコメントを閉鎖しております。